貿易事務は資格が必要? 【採用率を向上させるポイント】

記事リスト

自分の価値が高くなる

オフィス

採用率がアップ

輸出入に際して必要な書類を作成したり、外国の企業と電話やメールで連絡を取り合ったりなど、貿易事務の仕事をするなら外国語の読み書きはできた方が良いでしょう。企業によって求めるレベルは異なるので、初歩的な外国語能力でも十分の場合もあれば、高いレベルを求めている企業もあるので、応募する求人の内容を確認し、実力で勝負できそうな企業に申し込むのが大切です。たとえば、外国語の読み書きが基礎レベルの場合は、未経験者が応募できる求人を選んだ方が求めるレベルをクリアしやすくなります。また、外国語でのコミュニケーション全般に自信を持っている場合は、経験者を求めている貿易事務の求人に応募すると良いです。外国語の能力に関係なく、貿易事務として働きたいのであれば資格の勉強を実施し、取得しましょう。実務経験に勝るアピールポイントはありませんが、資格を取得すれば外国語の能力の証明になります。また、資格を取得すれば、目標の達成に向けて努力できることを伝えられます。つまり、資格の取得は自分の価値を高められ、採用率がアップするので貿易事務を目指す人に支持されている方法です。ただ、貿易事務の仕事と全く関係ない資格を選んでしまうと、評価の対象外になる可能性があります。時間とお金をかけて魅力を増やすために資格を取得するわけですから、無駄にならないようにきちんと評価される資格を選ぶべきです。外国語に関する資格は評価されるため、取得に向けて勉強をスタートさせると良いです。

Copyright© 2018 貿易事務は資格が必要? 【採用率を向上させるポイント】 All Rights Reserved.